2016.08.31更新

いちご

A雄「俺、勤務先の会社では人事部で働いているんだが、この前、会社の社員が酒気帯び運転で逮捕されたんだ。」

「それで、社長は激怒して、その社員を懲戒解雇するよう言われているんだが、後で解雇の効力を争われたりしないかな?」B太「うーん、どうなんやろう。大阪で労働問題、交通事故、離婚などに強い弁護士さんに聞いてみよう。」

みずほ弁護士「従業員の業務外の行為に対する会社の懲戒処分が有効であるためには、三つの要件が必要です。」

「まず就業規則に懲戒事由として規定されている必要があります。次に当該従業員の行為が企業秩序に直接に関連するものであるか、会社の社会的評価を害するものである必要があります。」

「この点について最高裁は、会社の種類、規模、従業員の地位、職種などから会社の社会的評価に及ぼす悪影響が相当重大であるといえることが必要としています。」

「三つ目は、懲戒処分の選択が企業秩序維持のために相当なものでなければなりません。その基準として最高裁は、従業員の行為の態様、動機、結果、その前後の態度、過去の懲戒処分歴などを考慮して企業秩序の維持のために相当な処分を選択すべきとしています。」

 「例えば運送業の運転手が職場外の飲酒運転により摘発された事案について、勧められて飲酒することになり自ら飲酒をしたものでないこと、飲酒後入浴や仮眠を取るなどして大丈夫との判断の上運転を始めていること、酒気帯びの程度が弱かったことなどにより通常解雇を無効と判断したもの(金沢地裁1985年9月13日)と、過去に飲酒運転歴があることなどから通常解雇を有効と判断したもの(大津地裁1989年1月10日)があります。」

「ご質問のケースでは、自動車運転をなりわいとする職種に就いていれば運転の経緯、飲酒量、過去の懲戒処分歴などから個別に判断されることになり、そのような職種に就いていなければ特別の事情がない限り懲戒解雇は相当性を欠き、無効と判断される可能性が高いでしょう。」

 

 

投稿者: みずほ法律事務所

2016.08.31更新

赤

A雄「この前、夜に道路を車で走っていたら、前方に寝ている人を発見したんだ。それで、急ブレーキをかけて、何とか轢かずには済んだんだが。」

「本人は、酔っ払って寝ていたらしいんだが、もし俺がこの人を轢いてしまったら、運転手として責任を負うのかな?」

B太「うーん、どうなんやろう。大阪で交通事故や離婚、相続、遺産分割などに強い弁護士さんに相談してみよう。」

みずほ弁護士「夜間に、路上横臥者を轢いてしまった場合、加害者の基本過失割合は50%となります。」

「いくら路上で人が寝ていたとしても、運転手は前方を注意して走行していれば気づくはずですからね。」

「さらに、酔客の予想される飲食店街での事故なら、加害者の過失割合は70%となります。」

「車の運転をする際には、くれぐれも前方から目を離さずに運転することが大切ですね。」

 

投稿者: みずほ法律事務所

2016.08.31更新

花

A雄「この前、うちの飼い犬を散歩させていたら、犬が通りがかりの自転車に吠えかけて、自転車運転していた人がびっくりして転倒してしまったんだ、、、」

「幸い、ケガはないようなんだけど、仮に大ケガしていたら、飼主の俺が責任負うのかな?」

B太「うーん、どうなんやろう。大阪で交通事故や離婚、相続、遺産分割などに強い弁護士さんに相談してみよう。」

みずほ弁護士「同種の事案で、大阪地裁平成18年9月15日判決は、57歳女性が運転する自転車に対し、体長1mの猟犬が吠えかかり、自転車が転倒した事案で、飼い主と被害者が接触していないものの、吠えかかり負傷させたとして、飼い主の過失を認定しています。」

「この猟犬は、被害者との相性が悪く、吠えかかり、飛びかかることがあり、被害者は、犬が見えるときは、この道を通らないようにしていました。」

「当日は、玄関前に犬がおらず、自転車で通過しようとした際に、飼い主である母親が、この飼い犬を連れて出てきて遭遇したのです。」

「この猟犬は、手綱を握っている飼い主を引きずりながら、被害者に飛びかかる様子で吠えかかりました。」

「びっくりした被害者は、自転車のハンドルを右に切ったのですが、生い茂る木に接触、左足を自転車のスポークに挟んで転倒、左肘、左臀部を負傷しました。」

「裁判所は、幅員が2mの狭路であること、飼い犬が体長1mの猟犬であることから、飼い主としては、飼い犬を道路に出す際には、通行人に飛びかかることのないように注意義務があるにもかかわらず、これらの確認を怠り、漫然と自宅を出た過失を認定しています。」。

「この判決により、飼い主が負担した損害賠償額は、遅延損害金を除いて402万7000円です。 個人賠責保険に加入がなければ、厳しい個人負担となりますね。大型犬を飼っているかたは注意が必要です。」

 

 

 

投稿者: みずほ法律事務所

2016.08.30更新

ハワイ

私も含め、ゴルフ好きの人は、自動運転カートに乗っている際に仲間と談笑し、カート道路上の歩行者に注意が不十分は状況が思い当たると思います。

この注意不十分により、重い責任を負う場合もありますので、自動運転カートに乗っていても、カート道路上の歩行者には注意して下さいね。

以下、平成18年7月7日大阪地裁判例の紹介です。

【事案】

滋賀県信楽町のビッグワンゴルフ倶楽部で発生した事故です。被害者がスタート地点に向かって歩行者用道路を歩行中に、ゴルフカート用の道路と交差する地点で、カートの衝突を受けたものです。

このカートは、カート道に埋め込まれた電磁誘導線に沿って走行する自動運転であり、リモコン、ボタンで操作、前進のみの運行で後退はできないタイプです。

被害者は、ゴルフ場に対して、

①事故現場がカートの走行する道路と歩行者用道路が交差する場所であったこと、

②交差点でカートが自動的に一時停止する装置を設置すべきであったこと、

③歩行者に対しては、カート専用道が交差していることを警告する設備を設置すべきであったこと、

④初めての利用者に対しては、キャディが危険の説明や警告を行うべきであったのに、置き去りにしてスタート地点に先行したこと、

等々により、施設の管理責任に関して瑕疵が認められるとして、ゴルフ場を訴え、同時に、加害者は、後部座席の同乗者を振り返り、大声で談笑しながらカートを運転しており、衝突によって初めて被害者に気づき停止ボタンを押したもので、前方不注視による漫然運転の過失が認められるとして加害者を訴えました。

【裁判所の判断】

裁判所は、事故現場は見通しも良く、白線が引かれているため、歩行者用道路の歩行者と衝突する危険が生じても、前方を注視していれば、事前に危険を察知してブレーキペダルを踏んで停止する時間的余裕は十分にあったと認められると指摘しました。

さらに、この事故は、加害者が前方を全く注視せずカートを走行させ、直前まで被害者との衝突の危険が生じたことに気づかなかったことが最大の原因であり、カート走行中に、進路の前方を確認するという最も基本的な義務を怠るような場合を想定して措置を施すべき義務は認められないと判示しました。

事故現場に自動停止装置を設置、本件でカート道を示す白線を設置する以上に、歩行者用道路を歩く歩行者に対してカート道が交差している旨を警告する設備を設置していなかったとしても、ゴルフ場の施設が通常有すべき安全性を欠いていたとは認められず、キャディが同伴して危険の説明や警告を行うべきであったとも認められず、ゴルフ場が民法上の責任を負うことはないとして、ゴルフ場の責任を認めていません。

また、被害者の過失については、後方から進行してくる車両の動静を注視する義務は歩行者にはないと指摘し、後部座席の友人と談笑しカートの進路前方を見ていないなど加害者の過失が著しいことを考慮すれば、被害者に過失があったとは認められないと判断し、加害者に100%の賠償(512万4763円+事故日から支払い済みまで年5分の遅延損害金)を命じています。

 このように、自動カートに乗っている際も、歩行者への注意が不十分だと加害者として賠償を命じられることになりかねないので、皆さん注意してくださいね。

 また、万一のこのような事故に備えて、ゴルファー保険への加入も必須です。

「このブログからもわかるとおり、法的トラブルに遭われた際には、できるだけ早めに私に相談してくださいね。」

「また、読者の皆さんのお知り合いでトラブルに見舞われた方がおられましたら、このブログを教えてあげて下さい。」

「交通事故に関しては、ケガをされている方もおられるでしょうから、電話無料相談や、近畿圏であれば入院先等への出張無料法律相談をさせていただいております。」

「それ以外の分野では、みずほ法律事務所、弁護士北畑瑞穂に予約を入れていただいた上で、来所して無料法律相談をさせていただくことができます。」

「法律相談のお問い合わせは、大阪市北区西天満のみずほ法律事務所 電話06-6362-0011か、このホームページ内のメールお問い合わせフォームからお願いいたします。」

投稿者: みずほ法律事務所

2016.08.30更新

崖

(写真は8/27 ハワイ島ボロル渓谷)

A雄「俺、昨日自転車を運転していたら、歩行者と衝突して歩行者がケガをしてしまったんだ。」

「ケガの程度もわからなかったから、俺、急いで救急車を呼んで、かつ警察に110番通報したんだ。」

「でも、自転車は車と違うから、そもそも警察呼ぶ必要なかったのかな?」

B太「うーん、どうなんやろう。大阪で交通事故や離婚、遺産分割や相続に強い弁護士さんに聞いてみよう。」

みずほ弁護士「自転車を運転していて誤って歩行者とぶつかってしまった場合のA雄さんの対応に間違いはありませんでした。」

「まず、道路交通法上、自転車は「車両」にあたり(道路交通法2条8号・11号)、車両の運転者は、事故の際直ちに運転を停止して、負傷者を救護する義務、事故を警察に報告する義務を負います(同法72条)。」

「これを行わないと3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金となります(同法119条1項10号)。」

「車と違い自転車だから、と軽く考えてはいけません。」

「まずは、どんなに急いでいても、相手の状態を確認し、怪我が大きい場合や頭を打っているような場合、真っ先に救急車を呼ぶことが必要です。」

「そして、事故があったことを警察に連絡することも忘れてはなりません。」

「そして、必ず被害者の連絡先を聞き、また、事故の目撃者がいれば、その目撃者の連絡先も聞いておくとよいでしょう。」

「このブログからもわかるとおり、法的トラブルに遭われた際には、できるだけ早めに私に相談してくださいね。」

「また、読者の皆さんのお知り合いでトラブルに見舞われた方がおられましたら、このブログを教えてあげて下さい。」

「交通事故に関しては、ケガをされている方もおられるでしょうから、電話無料相談や、近畿圏であれば入院先等への出張無料法律相談をさせていただいております。」

「それ以外の分野では、みずほ法律事務所、弁護士北畑瑞穂に予約を入れていただいた上で、来所して無料法律相談をさせていただくことができます。」

「法律相談のお問い合わせは、大阪市北区西天満のみずほ法律事務所 電話06-6362-0011か、このホームページ内のメールお問い合わせフォームからお願いいたします。」

 

 

投稿者: みずほ法律事務所

2016.08.30更新

カメハメハ

(写真は8/27 キングカメハメハ像前)

土曜日放送の某ラジオ番組では、大阪弁護士会所属の弁護士が、経験上よくある相談事例として提供した内容を、一部アレンジしてお送りしています。
今週は、私が大阪弁護士会広報委員会の委員として、相談事例に対する回答の原稿を作成しましたので、これを紹介したいと思います〔これってアカンのかな?でも回答部分は私が作成したんだしいいよね(笑))。

【相談事例】
故郷にいた高齢の父が倒れ、そのまま亡くなりました。

いくばくかの財産が残ったので、それを母と兄と私の3人で相続することになりました。

法律の取り決めに従って、遺産の半分を母が、残りの4分の1ずつを兄と私で均等に分けようという連絡があり、私も納得したのですが、先日、私が故郷に帰ったときに、ちょっと疑問がわきました。

実は、父はアンティークな値打ちのある高級外車を所有しており、そのクルマは兄がもらうと主張したのです。

「このクルマは生前にオレに譲ると父親に言われていた」と言うので納得しました。

相続に当たっては、大まかな評価額を算出しているのですがそのクルマの評価額は、兄が「中古だからこんなもんだ」と、かなり低く算出しているのです。

私としては、逆にプレミアがついて高額になっているのではないかという疑っています。

そこでご相談ですが、このように遺産の評価額に疑問がある場合はどうすれば良いでしょうか?


【回答】
1 時価額評価の原則
遺産の評価は、原則として、時価額で算定します。

中古車の時価は、同じ車種、同じ年式、同じ型式、同じ様な使用状態 、同じ様な走行距離の条件に合った車を中古車市場で買う時の価格になります。そうすると、通常の乗用車であれば、初年度登録から10年程経過すると、中古車市場での流通価格も低下し、時価もかなり低くなってしまします。

ご相談者様のお兄様も、そのような見解に基づいて、車の評価額を低く主張しておられるのでしょう。

ただ、アンティークカー、ビンテージカーなどは、車種によってはプレミアがついて、ある程度高額で取引されている場合もあります。そこで、アンティークカーの時価は、精通者意見価格を踏まえて評価をするべきでしょう。

2 精通者意見者価格
精通者意見者価格とは、税務当局が財産評価をするときに使用される言葉で、専門的な知見を用いなければ財産の評価をすることが難しい場合に、各種の専門家の鑑定結果などによって得られた財産の価格のことです。不動産であれば不動産鑑定士等、書画・骨董品であれば美術鑑定人等の意見もとに算出された価格がこれにあたります。

アンティークカーの場合も、アンティークカー専門の販売会社があるので、このような会社を探して、アンティークカーの評価をしてもらい、その評価額を前提に、遺産分割協議をすすめるべきでしょう。

3 遺産分割調停の申立て
もし、協議がまとならない場合は、家庭裁判所に遺産分割調停を申し立て、調停手続きの中で、鑑定人にアンティークカーの鑑定をしてもらうことになりますが、鑑定費用等がかかる上に、解決までに時間もかかります。

そこで、先ほど申し上げたアンティークカー専門店の評価額を前提に、調停になると時間も費用もかかる旨お兄さんに説明し、できるだけ話し合いで解決するよう説得してみることが必要かもしれません。
                      


投稿者: みずほ法律事務所

2016.08.29更新

サンセット

(写真は8/27 ワイコロアのサンセット)

A雄「俺、友人から車購入のローンの連帯保証人を頼まれて印を押したんだ。」

「ところが友人が返済不能になり、ローン会社から俺に返済請求がきて、、、単なる保証人と連帯保証人ってどう違うんだろう。」

B太「うーん、どうなんやろう。大阪で借金問題や交通事故、離婚、相続、遺産分割、遺言などに強い、知り合いの弁護士さんに聞いてみよう。」

みずほ弁護士「連帯保証人は、単なる保証人より責任が重くなっています。」

「連帯保証人は、借りた本人より先に請求されても、普通の保証人のように「まず借り主本人に請求してほしい」とはいえません。」

「これを「催告の抗弁権がない」といいます。」

「また、借り主のところをさしおいて、いきなり財産差押えの強制執行をされても文句はいえません。」

「普通の保証人なら、「先に借り主本人の財産に強制執行してほしい」と言えますが、連帯保証人になった場合には、そうは言えないのです。」

「これを「検索の抗弁権がない」といいます。」

「また、保証人が2人いた場合、普通の保証なら、共同保証といって、各保証人は平等に2分の1ずつ保証責任を果たせばよいのが原則です。これを分別の利益といいます。」

「ところが、連帯保証をした場合には、分別の利益はなく、たとえ保証人が複数いたとしても、連帯保証人は全額支払う義務があります。」

「このように、連帯保証人には、本人と同等の重い責任が課されますので、連帯保証人を頼まれたときは、そのことを十分理解した上で判断して下さいね。」

「このブログからもわかるとおり、法的トラブルに遭われた際には、できるだけ早めに私に相談してくださいね。」

「また、読者の皆さんのお知り合いでトラブルに見舞われた方がおられましたら、このブログを教えてあげて下さい。」

「交通事故に関しては、ケガをされている方もおられるでしょうから、電話無料相談や、近畿圏であれば入院先等への出張無料法律相談をさせていただいております。」

「それ以外の分野では、みずほ法律事務所、弁護士北畑瑞穂に予約を入れていただいた上で、来所して無料法律相談をさせていただくことができます。」

「法律相談のお問い合わせは、大阪市北区西天満のみずほ法律事務所 電話06-6362-0011か、このホームページ内のメールお問い合わせフォームからお願いいたします。」

 

 

投稿者: みずほ法律事務所

2016.08.29更新

肉

A雄「俺、3年前友人に100万円貸したんだけど、借用証をとっていなかったんだ。」

「この前、友人に借金の返済を督促したんだが返済してくれず、最近では居留守まで使うようになって、、、」

「口約束だけで借用証のない貸金は、回収できないのかな?」

B太「うーん、どうなんやろう。大阪で、貸金・借金、交通事故、離婚、相続、遺産分割、遺言なのに強い知り合いの弁護士さんに聞いてみよう。」

みずほ弁護士「借用証のない口約束による貸金も有効です。ただ、貸金のしっかりした証拠がありませんから、相手にシラを切られると貸したお金の回収に苦労します。」

「まず、借用証がない場合、貸金があること裏付ける材料を集めることが大切です。」

「たとえば、借用証がなくても、相手にお金を渡したのが銀行振込だったとすれば、振り込みの控えが残っていれば、これで振り込みの事実は確定します。」

「もっとも、この場合、借り主から、「もらった」や「代金だった」とそのお金の性質を争うことも多く見られます。」

「しかし、このような弁解は、A雄さん自身の証言や尋問などで崩せるでしょう。」

「もし振り込みでなく、手渡しだった場合には、A雄さんと相手との間には、この3年間の間に、手紙やFAX、メールなどのやりとりがあったはずですから、それらの記録から貸金を立証することも可能でしょう。」

「例えば、相手の「現在収入がないので返済についてはいましばらく待って欲しい」などというメールがあれば、確かに貸していたと証明できるでしょう。」

「このブログからもわかるとおり、法的トラブルに遭われた際には、できるだけ早めに私に相談してくださいね。」

「また、読者の皆さんのお知り合いでトラブルに見舞われた方がおられましたら、このブログを教えてあげて下さい。」

「交通事故に関しては、ケガをされている方もおられるでしょうから、電話無料相談や、近畿圏であれば入院先等への出張無料法律相談をさせていただいております。」

「それ以外の分野では、みずほ法律事務所、弁護士北畑瑞穂に予約を入れていただいた上で、来所して無料法律相談をさせていただくことができます。」

「法律相談のお問い合わせは、大阪市北区西天満のみずほ法律事務所 電話06-6362-0011か、このホームページ内のメールお問い合わせフォームからお願いいたします。」

 

 

投稿者: みずほ法律事務所

2016.08.29更新

肉

A雄「俺、この前、車で交差点に進入したら、一方通行違反で交差点に進入してきた車と出会い頭に衝突して、、、、これって俺も過失相殺されるのかな?」

B太「うーん、どうなんやろう。大阪で交通事故や離婚、相続、遺産分割、遺言などに強い、知り合いの弁護士さんに聞いてみよう。」

みずほ弁護士「一方の車両が一方通行規制に違反して進行し、交差点に進入した場合であっても、当該交差点が見とおしのきかない交差点であるときには、他方の車両にも徐行義務があり、また、一方通行規制違反となる方向に対する安全確認義務も全くないとはいえません。」

「ただ、一方通行違反という明確な法規違反がある以上、違反者の責任程度は相手車よりもはるかに大きいといえます。」

「そこで、一方通行無違反車であるA雄さんと、一方通行違反車との基本過失割合は、20%:80%とされています。」

「このブログからもわかるとおり、法的トラブルに遭われた際には、できるだけ早めに私に相談してくださいね。」

「また、読者の皆さんのお知り合いでトラブルに見舞われた方がおられましたら、このブログを教えてあげて下さい。」

「交通事故に関しては、ケガをされている方もおられるでしょうから、電話無料相談や、近畿圏であれば入院先等への出張無料法律相談をさせていただいております。」

「それ以外の分野では、みずほ法律事務所、弁護士北畑瑞穂に予約を入れていただいた上で、来所して無料法律相談をさせていただくことができます。」

「法律相談のお問い合わせは、大阪市北区西天満のみずほ法律事務所 電話06-6362-0011か、このホームページ内のメールお問い合わせフォームからお願いいたします。」

 

 

投稿者: みずほ法律事務所

2016.08.28更新

ワイコロア

(写真は8/27  ヒルトンワイコロアビレッジ)

A美「私の父が先日亡くなり、相続人は父の後妻と、先妻の子が私と妹の2人、後妻の子1人なの。」

「父は、後妻に財産の全部を相続させる遺言を残していて、妹は「後妻が父の面倒を見てくれたんだからそれでいい」と言うの。」

「でも、私は亡き母と父が苦労して建てた家を取られるのが納得いかなくて、、、どうしたらいいのかな?」

B子「うーん、どうなんだろう。大阪で遺言、遺産分割、相続、交通事故、離婚などに強い、知り合いの弁護士さんに聞いてみよう。」

みずほ弁護士「配偶者と子が相続する場合、子どもたちには、遺産の全体につき2分の1の遺留分が認められていますA(民法1028条2号)。」

「子だ複数の場合、各自の遺留分は均等ですから、A美さんは、全遺産を相続した後妻に対し、12分の1の遺留分相当額の返還を求めることができます。」

「これを遺留分減殺請求権(いりゅうぶんげんさいせいきゅうけん)といいます。」

「この遺留分減殺請求権は、減殺すべき贈与または遺贈があったことを知った時から、1年間これを行わないときは、時効によって消滅しますので(民法1042条)、注意が必要です。」

「また、遺留分が侵害されたことを知らなくても、10年たつと権利を行使できません(同条後段)。」

「財産をもらった人に対し、「遺留分相当額を返せ」と請求するのは口頭でもよいのですが、1年以内に行ったかどうかが争いになることがあります。」

「そこで、いつ減殺請求の通知をしたか証明できるよう、内容証明郵便で出しておくのがよいでしょう。」

「この通知は、具体的に何を返せとか、いくら返せという必要はなく、A美さんの場合は「12分の1相当額を返還せよ」という具合に請求すればよいのでです。」

「遺留分の額や返済方法について協議ができないときは、最終的には、地方裁判所に、返還請求の訴訟をおこして、判断してもらうしかありません。」

「ただ、相続に関することなので、訴訟をおこす前に、家庭裁判所の調停を申し立て、話し合いをするのが通常です。」

「このブログからもわかるとおり、法的トラブルに遭われた際には、できるだけ早めに私に相談してくださいね。」

「また、読者の皆さんのお知り合いでトラブルに見舞われた方がおられましたら、このブログを教えてあげて下さい。」

「交通事故に関しては、ケガをされている方もおられるでしょうから、電話無料相談や、近畿圏であれば入院先等への出張無料法律相談をさせていただいております。」

「それ以外の分野では、みずほ法律事務所、弁護士北畑瑞穂に予約を入れていただいた上で、来所して無料法律相談をさせていただくことができます。」

「法律相談のお問い合わせは、大阪市北区西天満のみずほ法律事務所 電話06-6362-0011か、このホームページ内のメールお問い合わせフォームからお願いいたします。」

 

 

投稿者: みずほ法律事務所

前へ