2016.10.19更新

あか

無銭飲食、当然に犯罪になると思いますよね。


ところが、犯罪にならない場合があるんです。
それは、、、注文して食べ始めた時点では、お金を払うつもりだったけど、途中でお金を払うのをやめようと思って隙を見て逃げた場合です。

まず通常の無銭飲食、つまり始めからお金を払う意思がない場合は、詐欺罪です。何が詐欺かというと、お金を払う意思がないのに、お金を払う意思があるかのように見せかけて注文したことが詐欺であり、店員に食事を出させた時点で詐欺罪が成立します。

そうすると、注文して食べ始めた時点でお金を払う意思があったのであれば、このような詐欺は成立しないのです。


問題は、お金を払わないで逃げたことですが、ただ隙をついて逃げることは、詐欺ではありません。このようなケースを「利益窃盗」といい、窃盗罪にもあたらず、犯罪にならないとされています。しかし、言うまでもなく、食べたら代金を払わなければならないのですから、絶対にやってはいけないことですし、私が食い逃げを推奨しているわけでもないので、気をつけてください。

また、食い逃げした人が、始めはお金を払うつもりだったと言えばいいかというと、そうではありません。お金の持ち合わせがない人が食事後に逃げたら、本人がいくら言い逃れをしようと、始めからお金を払うつもりがなかったとみられてしまいます。


また、隙を見て逃げるのではなく、店員に「ちょっと電話がかかってきたので、外で電話して戻ってくるから」と言って、店員をだましてそのまま逃げてしまった場合は、詐欺にあたりそうですよね。

このようなケースが詐欺かどうかは、いまだに議論があるところで、判例実務も定まっていません。実際に、自動車で帰宅する知人を見送ると言って店先に出て逃げた事案について、最高裁は詐欺罪の成立を否定しています。

ただし、似たような別の事案で、詐欺罪を認めているものもあります。

このような状況ですので、実際にやってしまった場合に詐欺になるかどうかの判断はむずかしいところなのですが、いずれにしても、やってはいけないことですから、くれぐれも真似をしないようにしてくださいね。

投稿者: みずほ法律事務所